日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
最新情報

△ 最新情報TOPに戻る

活動自粛期間の進級への対応について

 ●茨城県連盟の対応 (更新 2020.03.06)

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、活動の自粛(中止または延期)をお願いしておりますが、これに関連して自粛期間のスカウトの進級について、種々お問い合わせをいただいております。

 予定していた集会などが中止や延期となり、スカウトにとって進級が計画どおりに進められないことがあると思いますが、スカウト個々の進級については、それぞれの隊長や団で認証のご判断を行つていただき、活動再開後に早急に履修・認証するなどご対応ください。

 基本的な考え方と各部門における対応について、下記のとおりお知らせしますので、ご参照ください。

 

1.基本的な考え方

 活動の自粛により、進級の遅れや未履修となることが、スカウトの進級意欲の低下につながらないようにすることが重要です。活動再開後に短期間で認証し、次年度の活動のモチベーションを高めるように対応してください。

 特に、この春に上進するスカウトについては、当該隊長同士の調整により、スムースな上進となるようご配慮ください。

 

2.カブスカウト部門の進級について

 カブスカウトの進歩課程は、学年による課程履修となりますが、活動再開後に速やかに未実施の活動を補い未履修の細目を認証して、新たな進歩課程に取り組めるようにしましょう。

 月の輪の取り組みとボーイ隊への上進については、初級課目への挑戦のみならず、スカウトと保護者の両方がボーイ隊の環境に慣れることも重要です。十分な月の輪集会ができなかったなど、準備が不足している場合には、ボーイ隊と上進時期を調整するなど、無理のない上進をお願いいたします。

 

3.ボーイスカウト部門の進級について

 特に、春休み期間中のキャンプなどの活動に伴い履修を予定していた内容については、進級計画の見直しを促し、早期の活動で補えるよう隊・班活動を調整して、大幅な遅れにならないよう配慮します。

 

4.ベンチヤースカウト部門の進級について

 基本的には、ボーイスカウト部門と同様とします。

なお、菊スカウト章、隼スカウト章、富士スカウト章については県連盟コミッショナーが判断しますが、面接のみ残している場合に先に申請を進めてもらうこと、活動を残している場合には状況報告(地区コミに)の上、個別に調整することとします。該当する案件がある場合は、至急、地区コミッショナーにご相談ください。(地区コミから県コミへ協議)

 

5.活動自粛中にスカウトのモチベーションを保つために

 第一に、隊長(及び副長)がスカウトとメールや電話をするなど、コミュニケーションを計ることが大切です。

 その際に、活動のこと、進級のこと、学校や友だちのこと、スカウト活動への参加環境のことなどを話してみたらいかがでしょうか。

 第二に、今後の隊活動で必要なってくるスカウトスキルについて、外出せずに家庭でできる、そして1人でも取り組むことのできるものの履修を促したらどうでしょうか。

 県連では、隊の活動にはリンクしてはいませんが、 ボーイスカウトとして身に付けていきたいスカウト技能や知識を、楽しく身に付けていこうと呼び掛ける「やってみよう!」というコーナーを県連ホームページ上に開設しました。こちらも是非ご活用ください。

   >>> http://www.scout-ib.net/04bs-やってみよう.html