日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
最新情報

△ 最新情報TOPに戻る

参加者への追加連絡

●参加案内と持ち物が変更になってい

 ます。(下欄参照ください)

携行品一覧(例)

・指導者手帳

・昼食

・マイカップ

・筆記用具

・軍手
・作業服、作業帽

・雨具
・スカウトロープ(6m)

・BS隊リーダーハンドブック

・指導者のためのスカウトキャ

 ンプ

・その他野外活動に必要なもの

(以下の書籍は持っている方)

・スカウトハンドブック

・技能章ハンドブック

 「野営章」「野営管理章」

 「炊事章」

・ロープ結び

県定型訓練

第4回 野営法研究会・基本「キャンプのなに?なぜ?」

 date: 2018.7.1 Sun           at: 水戸第4野営場(水戸市○○町)

 

 

 キャンプを活動の中心に据えているのでしょうか。このボーイスカウトのキャンプには、実にたくさんの教育的要素、そして精神的&肉体的、更に社会的成長の要素が詰まっているからです。

 また、全ての部門の隊長は、「ボーイスカウトにおけるキャンプ(BS1級レベル)」の知識や技能を持っていることとされています。これらを身に付けるためには、ボーイスカウトにおけるキャンプの位置づけと方法を理解した上で実際に体験することが大切と考えています。この「野営法研究会」は、その意味と意義を体験により理解し、その教育効果を活動に実際に反映できることを目的として実施します。

 そして、どうしてボーイスカウトのキャンプは楽しいのか、それを体感することで、理解していきます。

 この「野営法研究会(基本)」は、ウッドバッジ研修所を修了した方を対象に行います。

 

その内容は

   ①ボーイスカウトの基本である「野外活動」について理解を深めてもらうこと

   ②キャンプの楽しさを知ってもらうこと

   ③ボーイスカウトが行うキャンプについて理解を深めること

 により、

   ④スカウティングにおけるキャンプの基本な知識や技能について「なに? なぜ?」を考え、

    それを体験しながら学ぶ

 

です。

 スカウト活動は「野外が教場」です。ボーイスカウトのキャンプや野外活動と一般で行われているものの活動自体は、似たようなことをやっているかもしれませんが、そのねらっているところやアプローチが大きく異なっています。

 参加者は、ウッドバッジ研修所でそのキャンプは経験していますので、ここでは、ボーイスカウトにおけるキャンプの「位置づけ」や「ねらい」といった教育的な部分やく、つまり、キャンプの基本(野営基準」)について学びます。

 

 

 

■開催案内(基本「キャンプのなに?なぜ?)

  開催目的  ウッドバッジ研修所で体験した「スカウトキャンプ」に対して「なぜこうするのだ

        ろう」「その根拠は何だろう」を楽しく見つけていきます

  主  催  日本ボーイスカウト茨城県連盟(指導者養成委員会)

  主任講師  若林 正則(日本連盟副リーダートレーナー)

  日  時  平成30年7月1日(土) 9時00分~16時30分頃(雨天実施)

  会  場  水戸第4団野営場

  対 象 者     ウッドバッジ研修所(指導者基礎訓練課程)を修了している指導者

        (部門は問いません)

  募集定員  12名 (参加者が6名に達しない場合は中止します)

  参 加 費   1,000円 (当日受付にて納入)

  携 行 品   左列「携行品一覧」参照

  服  装  制服、野外活動に適した活動着も持参。

  申込方法  別紙申込書により、各団取りまとめのうえ  (→申込書はここをクリック)

            〒310-0034 水戸市緑町1丁目1-18

                   茨城県立青少年会館3F

                    ボーイスカウト茨城県連盟

           TEL:029-226-8482 FAX:029-224-3773

           E-mail : ibaraki@scout-ib.net

  申込締切   6月16日(土)必着のこと(早めに)

 

  課題研修  次の課題に取り組んできてください。(提出は必要はありません)

         (1)「指導者のためのスカウトキャンプ」「ボーイスカウト隊リーダーハンド

           ブック」「スカウトハンドブックのキャンプのページ(持っている方)」を

           読んできてください。